在来工法

 

木造軸組工法といわれる在来。

住まいにかかる荷重を柱で支えるため、組込みの構造と精度が耐久性に大きく左右します。

 

木造軸組工法
鎌継ぎ加工

鎌継ぎ加工

木材を直線につなげて長い柱や梁にして使用するための加工です。

 

胴差し加工

胴差し加工

長い柱の横方向に加わる荷重を補強する胴差し。この継ぎ目を幾層にも加工します。

アリ加工

アリ加工

建材同士を組みながらつなげる際に用いる、逆くさび型のスライド式加工です。

ホゾ加工

ホゾ加工

柱を立てるときに用いる、凸凹の差し込み型加工です。

 


 

 

一貫作業で、部材コストを軽減

無駄のない一環したオートメーション作業に加え、集成材の在庫ストックなどにより、作業の合理化を徹底。高品質な集成材のコストを、単一木材のコストに近づけました。

品質第一の旭川プレカットセンターならではのこだわりを発信しつづけています。

プレカットから生まれるおおきなメリット

 

工期が短縮!

墨付けから切り込みまで、大工の腕に頼っていた現場作業。仕口加工の優れたプレカットで、作業効率を高め、時間を短縮できます。

 

コストダウンが図れる!

現場での作業は、プレカット部材の組み立てのみ。だから、作業スタッフも少なくてすみ、建築コストの軽減に貢献します。

 

現場でのメリットいろいろ!

1.電気ノコなど、機材の電源確保の必要がなくなります。

2.加工された一棟分の建築材を持ち込むため、現場に資材を無駄なく搬入できます。

3.カンナ屑のない、クリーンな現場が生まれ周囲にも迷惑をあたえません。

4.材木加工の作業場がいらないため、建築スペースを有効に利用できます。

 

資材の在庫が不用!

注文した建築材は、図面にあわせて一棟分を無駄なく提供。

これからは木材の在庫管理が不用になります。

 

作業ムラがなくなる!

職人の技術差による、部材加工のバラツキがコンピュータ管理により、均質で高精度な部材加工に変わります。

株式会社 旭川プレカットセンター

〒071-1426

北海道上川郡東川町北町7丁目11番1号

Tel. 0166-68-4115 Fax. 0166-68-4116

Copyright(C)2012. PRECUT CENTER CORPORATION, All Right Reserved.