社長挨拶

代表取締役

落合 克俊

ご挨拶

平素より格別のお引き立てを賜り、心より厚くお礼申し上げます。

私どもは、平成17年11月に協同組合から、株式会社に組織変更し、新たなスタートを歩み始めました。以来、お取引先や地域社会の信頼と貢献を目標に、全員が心を一つにし、誠実な受注と、精度の高い加工に努め、皆様の絶大なご支援と相まって順調な成長を遂げてまいりました。

住宅産業の低迷と、復興・支援等まだまだ課題の残る厳しい社会環境の中ではありますが、これからも、かねてより掲げております、「三方よし」の経営理念を基に、私どもは、お客様を始め、地域社会に貢献できますよう、今後とも役職員一同力を尽くし精進してまいりますので、皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

社是三方よし

 

ここに掲げる「三方よし」とは、国家・社会をはじめ顧客・取引先・従業員・株主など企業を取巻く人々の幸福の実現に向けて努力することをいい、取引においては「相手によく、社会によく、結果として自らも公正な利益を得る」ことを目指します。

その根底には共存・共栄・共生を旨とする経営によって、関わるすべての人たちの精神的・物質的な満足に貢献することを念願としているのです。

社訓五つの蓄積

人財の蓄積をはかる

人間性(品性)豊かで明朗快活、協調心に富み、仕事のできる人が会社にとっての人財です。この会社で働く誇りと喜びや感謝報恩の心を持ちながら、生き生きと仕事に取り組む役職員が数多く育つことによって人財の蓄積が進みます。

 

信用の蓄積をはかる

仕事に臨む際の基本は誠実であること。信用は一朝一夕になるものでなく、たゆまぬ誠意の継続こそが信用のもとと心得るべき。どの部署においても常に誠意を念頭に取り組むことが一番です。ただし信用は相手の評価によるもので、自らひけらかすことは慎み謙虚でなければなりません。

 

奉仕の蓄積をはかる

われわれの事業や生活は、国や地域社会をはじめ幾多の人達から数え切れない恩恵を受けながら成り立っています。このことに感謝し、周りの人達には十分な満足と安心を、国家や地域社会には納税や奉仕をもって報いお返しすることが企業の社会的責任と云えましょう。

 

取引先の蓄積をはかる

取引先には絶対迷惑をかけてはならない、また期待を裏切ってもなりません。この場合の取引先は、販売顧客、仕入先の両者を平等に指します。安心と満足を頂くことによって取引先の蓄積が進み、われわれの事業継続も保証されるのであって、自分の利益だけを求めては決して永続きしません。

 

資本の蓄積をはかる

信用の大切なことは先に述べたとおりですが、事業経営にとって信用と資本は車の両輪に等しいものです。どちらか一方では成り立たず、互いが相手を補い、裏付け合っています。自己資本の充実は常に目指すべき目標として収支両面に均衡のとれた健全経営を心がけ、成長に結びつけなければなりません。

株式会社 旭川プレカットセンター

〒071-1426

北海道上川郡東川町北町7丁目11番1号

Tel. 0166-68-4115 Fax. 0166-68-4116

Copyright(C)2012. PRECUT CENTER CORPORATION, All Right Reserved.